木目とは、木材の断面の年輪、繊維、導管などの配列が様々な模様を呈することで現れます。特に装飾性の高い木目は「杢」と呼ばれて区別されます。ここでは、様々な種類の杢目についてご説明します。

  • 笹杢(ささもく)

    笹杢(ささもく)

    笹の葉が折り重なったような先の尖ったギザギザ模様の杢。和室の天井板や障子の腰板などに珍重されます。

  • 如鱗杢(じょりんもく)

    如鱗杢(じょりんもく)

    欅やエンジュなどに稀に現れる魚の鱗(うろこ)のような木目。

  • 鳥眼杢(ちょうがんもく)

    鳥眼杢(ちょうがんもく)

    小鳥の目のような小さい円形の斑点がたくさん散らばって現れる杢目。カエデ類では「バーズアイメープル」として有名です。

  • 鶉杢(うずらもく)

    鶉杢(うずらもく)

    鶉の羽の模様に似ていることからこう呼ばれています。屋久杉や赤松の古木によく現れます。

  • 玉杢(たまもく)

    玉杢(たまもく)

    樹木の瘤(こぶ)のようなところをスライスすると現れる、比較的大きな同心円形の模様。欅や楠によく現れます。

  • 縮杢(ちぢみもく)

    縮杢(ちぢみもく)

    木目が波状に縮んでしわがよったように見える杢。バイオリンなどの弦楽器の甲板に重用されます。栃(とち)や楓(かえで)などによく現れます。

  • 葡萄杢(ぶどうもく)

    葡萄杢(ぶどうもく)

    小さな円形の模様が連なって、葡萄の房がぶら下がっているように見える杢。楠のなどの根瘤に稀に現れる珍しい杢目。高級車のダッシュボードなどに使われています。

  • 虎斑(とらふ)

    虎斑(とらふ)

    楢(なら)やオーク材などのブナ科の樹種に見られる斑紋で、柾目を横切るような帯状の杢を斑(ふ)と言い、斑が大きく虎の毛のような斑点模様に見えるものを指します。

  • 泡杢(あわもく)

    泡杢(あわもく)

    比較的小さな円形の模様が散らばって現れるもので、水に浮き上がってくる泡に似ていることからこう呼ばれています。

  • 縞杢(しまもく)

    縞杢(しまもく)

    年輪の模様ではなく色素によって縞目模様を表す杢。ゼブラ、黒柿、黒檀などに現れます。

  • 牡丹杢(ぼたんもく)

    牡丹杢(ぼたんもく)

    玉杢と同様に大きな円形の模様で、同心円の輪郭がのこぎりの歯のようにギザギザになっているもの。牡丹の花弁に似ていることからこう呼ばれています。

  • バール杢

    バール杢

    樹木の根の近くにできる瘤(こぶ)をバールと言い、瘤を挽いたときに現れる木目模様を総称してこう言います。根杢とも言います。

  • リボン杢

    リボン杢

    木理が交錯している木材を柾目板に挽いたときに現れる木目で、光の具合によって順目と逆目が交互に縞模様になって見えるもの。マホガニーやラワンなどに見られます。

  • 孔雀杢(くじゃくもく)

    孔雀杢(くじゃくもく)

    孔雀の羽のような杢目で、黒柿に現れます。黒柿自体が希少で、その中でもごくわずかしか現れないため非常に高価となります。

  • 蟹杢(かにもく)

    蟹杢(かにもく)

    蟹の甲羅に似ていることからこう呼ばれています。松や栂の老齢木に多く見られます。

  • 中杢(なかもく)

    中杢(なかもく)

    樹芯に近い部分から得られ、板目部分が数cmと幅が狭く、元から末まで通ったものです。

  • 中板目(なかいため)

    中板目(なかいため)

    中央に板目があり、その両側に柾目が通った杢目をいいます。